mainimage
menu
サメを捕獲する
サメを運ぶ
サメを飼育する
サメに餌を・・・
サメの繁殖
サメと泳ぐ
サメをもっと知る
サメのいろいろ
 

サメのいろいろ

泳ぎ回るサメ

アカシュモクザメ クロトガリザメ ホコサキ
アカシュモクザメ
クロトガリザメ
ホコサキ
別名ハンマーヘッド・シャーク、特徴のある頭から付けられた名前です。パノラマ大水槽の人気物。 遊泳スピードが速く、スマートな体型でいかにもサメらしいサメです。飼育チャレンジのエサやりは必見です! 1mほどの小さめのサメです。パノラマ大水槽の水面付近を遊泳しています。吻先が細くとがっているのが特徴です。
ハナザメ メジロザメ シロワニ
ハナザメ
メジロザメ
シロワニ
メジロザメの仲間は見分け方が難しいものばかりです。ホコサキやクロトガリザメと似ていますが、吻の形状、背びれの位置などで見分けます。ホコサキよりも大きくなり、3m近くになります。 背びれと胸びれが大きいことが特徴です。別名「ヤジブカ」ヤジとは親父のことで、堂々としている、どっしりしているなどの意味です。パノラマ大水槽の底付近を遊泳します。 国内の水族館で初めて飼育をはじめたのがマリンワールドです。3mのシロワニは迫力ありますよ。
グレイスフルシャーク ツマグロ スミツキザメ
グレイスフルシャーク
ツマグロ
スミツキザメ
名前の通り体色はグレーです。大きさは1mほどで、水面を遊泳しています。 名前のツマとは端のこと。ひれの端が黒いことから、この名前が付けられました。 墨つきザメいう名前から、ひれの先が黒いことが分かります。全長1.2メートルほどのサメです。
レモンザメ ホシザメ エイラクブカ
レモンザメ
ホシザメ
エイラクブカ
体色が名前の由来のようですが、水槽で見ると特に黄色い体色には見えません。全長3メートルほどになります。 体に白い斑点がある為、シロザメと見分ける事は簡単です。大きくなっても1mほどです。 シロザメ、ホシザメと同じドチザメ科3兄弟です。食用で流通すると混同されてしまいます。シロザメとの違いは頭部と歯の形状です。
エビスザメ ハチワレ イタチザメ
エビスザメ
ハチワレ
イタチザメ
エラ穴が7対の原始的な特徴をもつサメです。水槽では柔らかい体をくねらせ泳ぎ回り、捕食も上手とは言えません。ダイバーが手渡しで餌を与えています。 オナガザメよりも少し尾ビレが短く、大変大きな眼が特徴です。オナガザメよりも深い海にまで生息しています。 人を襲った記録ではワースト2に挙がるサメです。胃の中から自動車のナンバープレートやペンキの缶などが出てきた記録が有ります。
ジンベエザメ    
ジンベエザメ
   
最大で14mほどになる世界最大の魚です。オキアミなどのプランクトンを食べて生活して います。
漁師さんからは、マグロやカツオなどを引き連れてくるので、豊漁をよぶ恵比寿様とし て、大切にされています。
   

動かないサメ

アラフラオオセ クモハダオオセ オオテンジクザメ
アラフラオオセ
クモハダオオセ
オオテンジクザメ
オオセの中では口元の突起(皮弁)が最も目立ってふさふさです。景色に溶け込む姿形から水槽で見つけるのは難しいサメです。 お腹がすくと水槽の洞窟から出て来ます。30cm程のアジを丸呑みです。水中では捕食する時の音が聞こえます。 沖縄県ではタコザメと呼ばれ、タコを捕食している姿が漁師さんに目撃されています。強い吸引力で水ごと飲み込みます。
コモリザメ ネコザメ ポートジャクソンシャーク
コモリザメ
ネコザメ
ポートジャクソンシャーク
英名はナースシャーク。仔ザメと寄り沿っている姿が見られることから名前の由来になったようですが。果たしてそうなのか定かではありません。 別名サザエ割り。強いあごの力と平たい歯でサザエなどの貝を噛み割り食べます。顔つきがネコに似ていることから名付けられました。 オーストラリアなどに生息するネコザメの仲間です。
トラフザメ トラザメ ナガサキトラザメ
トラフザメ
トラザメ
ナガサキトラザメ
トラフとはトラ模様という意味ですが成魚はヒョウ柄です。幼魚の時にトラ模様だったためこの名前があります。大変カラフルなサメです。 たくましいトラの名前に似合わず、水底であまり動かない小型のサメです。北日本に分布します。 県名が名前になっている通り、九州北西部に生息します。メスは一度に2つの卵を産みます
ドチザメ ネムリブカ イヌザメ
ドチザメ
ネムリブカ
イヌザメ
日本各地に生息し、昔から全国の水族館に展示されている、お馴染みのサメです。 名前の通り昼間は眠ったように動きませんが、夜になると活動する夜行性のサメです。大きさは1.7mほど。 ネコザメとは違い顔つきから名前がつけられた訳ではなく、餌を探す姿や、胸ビレを使い歩くように動く姿から名付けられたようです。
ナヌカザメ カスザメ コロザメ
ナヌカザメ
カスザメ
コロザメ
昔むかし、漁師さんがナヌカザメを捕まえ、陸にほったらかしにしていたところ、七日間生きていたところから七日が訛りナヌカになったとも…。飼育してみると確かに丈夫なサメです。 コロザメとの見分け方は胸びれが90℃にとがっていることです。コロザメでは緩やかにカーブしています。 体は扁平でエイのような体型です。えものを待ち伏せ口元に近づくと急に飛びつき捕らえます。オオセの仲間以上に迫力の捕食です。

深海性のサメ

ノコギリザメ フトツノザメ クラカケザメ
ノコギリザメ
フトツノザメ
クラカケザメ
シュモクザメと並び頭の奇抜さと人気では負けません。見た目とは裏腹に激しく動き回るよりも、水底でじっとしてます。えさを食べる時は自慢のノコギリを振りかざします。 深海に幅広く生息します。背びれに毒トゲがあり網に絡みつく為、漁師さん泣かせのサメです。 馬の背中にかけるものをクラカケといいます。模様がその形状に似ている事から、名前が付けられました。クラカケとつく名前の付く魚は他にも多く存在します。
ニホンヤモリザメ フジクジラ メガマウス
ニホンヤモリザメ
フジクジラ
メガマウス
爬虫類のヤモリにそっくりなサメです。大きくエメラルドグリーンの眼は深海ザメの特徴です。鹿児島県や宮崎県で採集したものを展示します。 深海から生かして捕獲するのがとても難しいです。40cm程にしかならない小型のサメです。深海ではきれいに発光していると思いますが、できれば水槽で見てみたいものです。 1994年11月、世界で初めてメスのメガマウスが博多湾に打ち上がりました。 当時、世界で7匹目の貴重なサメです。サメの研究者が集まり大規模な研究が行われま した。

 

 

 

(株)海の中道海洋生態科学館/〒811-0321 福岡市東区西戸崎18番28号 TEL.092-603-0400  c 2009 People Sharks (Samentyu) room. All Right Reserved.